不動産投資のメリットを学ぶ

将来を見据えた不動産投資

将来を見据えた不動産投資

将来を見据えた不動産投資 不動産投資はミドルリスクミドルリターンと言われ、株式投資のハイリスクハイリターンの投資とよく比べられますが、その不動産投資の最大の魅力はやはり毎月定期的に入る「家賃収入」があるからでしょう。
株式にも定期的に入る「配当金」がありますが、「家賃収入」と比べると、微々たるものです。この家賃収入は、将来の漠然とした不安を消し去ってくれる大きな収入になります。不動産投資の旨味はこの家賃収入こそが、その一つといって過言ではないでしょう。家賃はだいたい少なくとも数万円単位ですから、株の配当金とは比べ物にならないものです。
年金不安や、いつ失業するかわからない雇用不安は誰にでもありますが、「家賃収入」は、長い先を見つめたときに、大きな安定をもたらしてくれるのは言うまでもありません。そう考えると不動産投資が、現在人気なのもうなずけます。良い物件を1つでも所有していれば、「安心」を得ることが出来る投資は他にはないです。

不動産投資は効率的かつ安定的に資産形成をできる

不動産投資は効率的かつ安定的に資産形成をできる 近年、貯蓄から投資へと言うスローガンの下、国を挙げて資産運用を推奨しています。ただ、多くの人が真っ先に思い浮かべる資産運用の対象は株式であり、そこには投資ではなく投機というイメージが強いです。しかし、不動産投資は将来にわたって効率的かつ安定的に資産形成をすることができる魅力的な資産運用なのです。一番の魅力は銀行等からローンでお金を調達することで、今手許にある現預金以上の金額を不動産投資に活用することができる点にあります。つまり、投資対象の不動産を担保に入れることで資産形成にレバレッジをかけることで、加速度的に資産を形成できるのです。また、株式投資と比べると比較的利回りが高いため、その点においても非常に効率の良い投資方法であると言えます。しかも、不動産投資の場合、借り手を確保することができれば、毎年安定的にリターンを上げることができます。これが、他の金融投資の場合では年によって損をすることもありますので、安定感の高さも魅力的です。