不動産投資のメリットを学ぶ

不動産投資を行う前に色々と準備をしましょう

不動産投資の計画の立て方

不動産投資の計画の立て方 不動産投資を行うには、後から後悔してしまうことが無いように、十分に計画を立てることが肝心です。
どのような投資を選択するのかも重要です。
駐車場の経営からアパートの経営、マンションの経営など数多くの選択肢があるので、資金面を考えて最も最適なプランを用意することで失敗を防げるのではないでしょうか。
人気の不動産投資の方法はアパート経営などがありますが、このような物件でも建てるエリアによって間取りを決める必要もあり、合せて駐車場の有無も大切なことです。
資金面においてはローンを利用される方も多いものですが、基本は3割程度の頭金を準備することでスムーズにローンを組める可能性が高まります。
長期的な視野で計画を立てる必要もあり、得ることができる収入を考えることだけではなく、将来的に行うリフォームやリノベーションまで十分に検討することも欠かせません。
管理は専門会社に任せることができるので、お金の管理をしっかりと行うことで問題なく投資を継続できるのではないでしょうか。

不動産投資に大きな影響を及ぼす2022年問題

不動産投資に大きな影響を及ぼす2022年問題 不動産投資には「2022年問題」というものがあります。
1992年に改正された生産緑地法により、生産緑地に指定された土地は農業目的の建物以外は建築できず、農地として維持管理をする義務が発生しました。
しかしこの期限は30年であり、1992年の30年後である2022年には、農業を営む義務が無くなります。
そうなれば、高齢化や後継者不足のため、土地の売却や宅地化が急速に進むと考えられています。
その結果不動産投資には、様々な影響が出る可能性があります。
まず、土地の大量売却による地価の暴落です。
利便性の低い土地であれば、売却したくてもできないので、土地価格は大幅に下落していきます。
逆にアパートやマンション、商業ビルなどが建設される予定があれば、土地価格は高騰していきます。
しかし、アパートやマンションはすでに飽和状態であるため、生産緑地として活用されていた土地にアパートやマンションが建築されれば、空き家率の上昇など、不動産投資家にとってデメリットもあります。
このように「2022年問題」には様々な可能性があるため、不動産投資家は、国や自治体の政策などをしっかりと見極めて行動する必要があるといえます。